肘の黒ずみは色素沈着?

シミやそばかす、肌の黒ずみの主な原因は紫外線です。肌は紫外線を受けると、その刺激から肌を守るために多くのメラニン色素を生成します。

生成されたメラニン色素の大半は、やがて治まっていきますが、色素沈着をしたものがシミやそばかすなどの黒ずみに繋がっていきます。つまり、紫外線対策を行えば、肌の黒ずみを防ぐことができるのです。

けれど、黒ずみが気になる箇所には膝や肘、お尻など紫外線が当たりにくい部分も含まれます。この場合の色紙沈着は紫外線ではなく、ムダ毛処理による刺激や衣服の摩擦が考えられます。

メラニン色素は肌を守るために生成させるものなので、ムダ毛の処理や摩擦で肌への負担が大きくなることでも生成が促されてしまいます。

さらに膝や肘は皮膚が厚い部分なので、ほかの部位と比べると色素沈着が目立ちやすいという特徴があるので注意が必要です。

膝や肘などの色素沈着を改善させるには美白ケアが有効ですが、それと同じぐらいに肌のターンオーバーを向上させることも重要です。肌のターンオーバー向上には、ビタミンC誘導体とプラセンタがおすすめです。

特にプラセンタにはアミノ酸をはじめ、ミネラル、ビタミンなどの栄養素が豊富なので、黒ずみを薄くする効果が高くなっています。

b1

肘の黒ずみの主な原因は?

女性が気になる肌トラブルにシミやそばかす、くすみなどがあげられます。これらの肌の症状は、日焼けによるメラニン色素の生成が原因になってきます。

ですので、紫外線対策をしっかりと行うことで、症状が起こるのを防ぐことが可能です。けれど肌の黒ずみが気になる部分には、顔のほかに脇や肘、太ももなどがあります。

これらの部位は肌の露出が少ないため、日焼けが原因だとは考えにくいはずです。では、どうじて脇が肘に黒ずみができるのか?その原因は、衣服などによる肌の摩擦です。

肌の中のメラニン色素量が増えると黒ずみはできますが、それはなにも紫外線による刺激だけではありません。ムダ毛の処理によるダメージや、パシパシと肌を叩くようなスキンケア、衣服による摩擦でもメラニン色素は多く生成されるので注意が必要です。

さらに脇や肘は皮膚が厚い部分のため、黒ずみが目立ちやすくなるので気を付けましょう。脇や肘、太ももの黒ずみをケアするには、肌のバリア機能を高めて摩擦に強い肌にする必要があります。

そのためにはヒアルロン酸やコラーゲンなどを補って、肌を保湿することが大切になってきます。肌の水分量がアップすれば、ハリと弾力が出てくるので、摩擦による刺激を減らすことが可能になります。

b2

肘の黒ずみケアに効果的な美容成分

気温が上がると薄着になるため、脇や肘の黒ずみが目立ちやすくなってきます。肌が黒ずんでしまう主な原因は、紫外線によるメラニン色素の生成と言われています。

ですが、脇や肘は露出する機会が少ないため、紫外線以外の要因が大きいと言われています。それは、ムダ毛の処理による肌のダメージと衣服などによる摩擦です。

肌は紫外線以外にも、強い力が加わることでメラニン色素を生成するので注意が必要です。脇や肘の黒ずみをケアするには、美白成分と保湿成分の活用が効果的です。

美白成分にはアルブチンはビタミンC誘導体、ハイドトキノンなどがありますが、中でもおすすめはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、肌に沈着したメラニン色素を還元する働きがあるうえに、新たにメラニン色素が生成させるのを抑える働きも持っています。そのため、ビタミンC誘導体1つで改善と予防ができるので、意識してケアに取り入れてみましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を黒ずみケアに活用すると、肌のバリア機能をアップさせることが期待できます。

脇や肘のバリア機能をアップさせれば、摩擦による刺激を和らげることができるので、結果としてメラニン色素の生成を抑える効果が期待できます。

b3

改善に効果的な対策は?

腕や顔は色白なのに肘だけ黒ずみが生じて悩んでいる方がいますが、そんな時、どのような対策が症状の改善に効果的なのでしょうか。

まず、一つの対策としては、なぜ黒ずみが生じるのか原因を突き止めて予防することが必要です。黒ずみの正体はメラニン色素の沈着です。メラニンというと紫外線により生じるイメージがありますが、実は紫外線以外の様々な外部刺激により生じる場合もあります。

特に肘はよく動かす関節なので、衣類による擦れが生じやすく、また、テーブルなどにつくことで摩擦を感じやすい場所です。しかし、顔と違い、保湿ケアなどをあまりしないため、次第に乾燥して刺激を受けやすい肌状態になってしまうのです。

そこに摩擦などの刺激を受けることでメラニンが生成され、角質に沈着することで黒ずみとなってしまうのです。そのため予防対策としては、しっかりと保湿ケアをして肌を乾燥や外部刺激から守ることが効果的です。

また、できてしまった黒ずみ対策としては、肌のターンオーバーを促すことが必要です。なぜ肘が黒ずんだままなのかというと、肌のターンオーバーが低下しているため古い角質が肌表面に残っているからです。

そのため、角質を落としやすくするためには角質を柔らかくすることが必要です。そしてそのような効果が期待できるのが尿素配合クリームです。

b4

その他の情報を知るなら

ここで解説したことだけでなく、肘の黒ずみについての情報をもっと知りたいですか?

もし知りたいということでしたら、1つ役立ちそうなウェブサイトを掲載しておきます。

知らない事についての対応をするなら、まずは知識を得ることでだいぶ取り組みが楽にになります。